• トップ
  • 特産品
  • 特産品
  • 店舗一覧
  • 女性部
  • 特産品
  • JAの広報誌
  • JAで学ぼう
 
ホーム > 長門大津和牛のご紹介
目次(ページ内リンク)

「長州ながと和牛」とは

 「長州ながと和牛」とは、山口県長門市に住所を有するもの及び所在地を有する法人(以下「生産者」という)が長門市内で肥育した牛であって、長門大津農業協同組合を経由して販売されたものの内、次の各項目に該当する牛肉をいいます。

  1. 牛の品種は、黒毛和牛とする。ただし、繁殖の用に供した牛(産歴のある牛)は除く
  2. 牛の最終肥育地は長門市内であり、飼養期間(子牛育成と肥育期間)の2分の1以上が長門市内で飼養されているものとする
  3. 牛の生産者は、牛の固体識別のため情報の管理伝達に関する特別措置法(いわゆる牛肉トレーサビリティ法)を遵守するとともに、素牛導入、飼養管理情報について確認できる状況にあること
  4. 枝肉の格付基準は、社団法人日本食肉格付協会の定める肉質等級の「3」以上で、 歩留まり等級が「A」または「B」であること
肉質等級表
区分 肉質等級
5 4 3 2 1
歩留等級 A A5 A4 A3 A2 A1
B B5 B4 B3 B2 B1
C C5 C4 C3 C2 C1
注:平成22年9月制定
生産履歴書
長州ながと和牛の品質の良さは各地で実証されています
   

長州ながと和牛ブランド化推進協議会

 長州ながと和牛の銘柄の確立及びPR、消費拡大を行い、長門市の肉用牛生産振興を図るため、平成22年9月に設立しました。

構成員 生産者代表、長門大津農業協同組合、長門市、長門農林事務所
会長  長門大津農協常務理事。
副会長 長門大津肥牛部会長

 

長州ながと和牛の販売店

 「長州ながと和牛」のお肉は、Aコープ長門店の精肉コーナーで常時販売しています。

 店頭販売したお肉にかぎり、店内から宅配で発送することができます。

「長州ながと和牛」を販売するAコープ長門店
「長州ながと和牛」を販売するAコープ長門店
   

長州ながと和牛の肉巻きおむすび

 ブランド名が決定してことを記念に「肉巻きおむすび」をAコープ長門店で販売しています。「長州ながと和牛」の適度な霜降りのウデ肉をサニーレタスと合わせて、長門産棚田米で作ったおむすびに播いて作った贅沢な一品です。甘辛いたれが、和牛肉本来の旨みを引き立たせます。

「長州ながと和牛」をふんだんに使った「肉巻きおむすび」
「長州ながと和牛」をふんだんに使った「肉巻きおむすび」