• トップ
  • 事業紹介
  • 事業紹介
  • 店舗一覧
  • 女性部
  • 特産品
  • JAの広報誌
  • JAで学ぼう
ホーム > 女性部
 JA長門大津女性部は、「食」の安全について考え、「食」と「農」を守る活動を行っています。
写真4
 地産地消の取り組みとして、自家菜園グループ、花津浦会が活躍しています。
また、地域の子どもたちと一緒に野菜づくりに取り組んでいます。

女性部の概要

組織数 : 5支部(深川・俵山・仙崎・油谷・宇津賀)
部員数 : 405人 
目的別 : 営農生産・生活福祉・健康管理・教養文化
年齢別 : フレッシュミズ・ミドル・エルダー

女性部の活動計画

●基本方針

 JA女性組織、3ヵ年計画が昨年度より「JA女性 踏み出す勇気 学ぼう・伝えよう・地域とともに!!」をスローガンに策定されました。3ヵ年計画の2年目として、引き続き新しいことに挑戦し、協同組合の一員として学習活動をすすめ、様々な方法で積極的に情報発信を行っていきます。

 また、食と農を基軸とした地産地消運動や食農教育、省エネ運動や環境問題等への活動を通じて地域との絆を深め、さらなる地域の活性化に貢献していきます。

●活動重点事項

※「仲間づくり」運動を継続して行います。
※活動を地域の方々に広く情報発信していきます。
※学習を通じて組織の強化を行います。
※活動を行うことでフレミズ世代との交流を深めます。

1.組織対策について

 地区活動を活発にすることで、現状部員を確保すると共に、新規部員の確保に努めます。楽しく活動に参加していただけるよう、魅力ある活動に取組みます。他団体や地域との交流を深めることで、女性部の活動を伝えていきます。

2.営農生産活動について

 食の安心安全の面からも地産地消運動を推進し、営農技能の習得や向上に努めます。また、各地区のイベントに参加し食と農のすばらしさを伝えていきます。地域の子どもを 対象とした食農教育にも取組んでいきます。

3.生活福祉活動について

 地域へのボランティア活動を継続して行って行きます。また、各地区で家の光記事や付録を活用しながら学習活動を行います。併せて、年特の山口県女性協結集品目の推進やAコープマーク品の良さを広めていきます。

4.健康管理活動について

 健康に対する意識を高めながら、病気予防などの啓発推進に努めるとともに、健康づくりのために集会等で体操を取入れていきます。また、毎年行っている体育大会については、部員相互のふれあいを深め、「仲間づくり」を目的に、楽しい大会を実施します。

5.教養文化活動について

 「見える組織・見える活動」をほっとJA・はばたき・Facebookなどを使い、外部に向けて発信し、地域の方々に女性部がどんな活動を行っているのか知ってもらいます。また、各地区で持ち寄り読書を推奨し「家の光」の普及促進運動を進めていきます。

6.エルダー部会について

 「みんな 元気で いきいきと」をモットーに、JA女性組織の実年者として各部員へのよき助言者として支援・互助活動を展開します。

7.平成29年度 専門部年間活動計画

部門 内容
営農生産

・土作り(ぼかし・燻炭作り)
・減農薬野菜作り(講習会の開催)
・緑のカーテン
・食農教育活動

生活福祉

・環境リフレッシュキャンペーン(ゴミゼロ運動)
・施設などでのボランティア活動
・ゴキブリだんご作り
・「家の光」料理教室
・米の一握り運動
・手芸教室

健康管理

・各地区での血液検査
・料理教室
・体育大会の開催
・「めだか大学」への参加よびかけ

教養文化

・広報紙「はばたき」年2回発行
・Facebookの更新
・「レディースセミナー」・「家の光愛読者大会」への参加呼びかけ
・持ち寄り読書の普及

エルダー

・持ち寄り交流会
・エルダー交流集会の開催(29年度:油谷地区引受)

女性部の活動報告

 

●平成28年度

広報誌「はばたきNO43」号発行
2016年7月10日 JA長門大津女性部

広報誌はばたき
クリックするとPDFがひらきます
 
 
広報誌「はばたきNO44」号発行
2017年1月10日 JA長門大津女性部

広報誌はばたき
クリックするとPDFがひらきます
 
 

●平成29年度

 
広報誌「はばたきNO45」号発行
2017年7月10日 JA長門大津女性部

広報誌はばたき
クリックするとPDFがひらきます
 
 

・平成27年度の活動紹介

・平成26年度の活動紹介

・平成25年度の活動紹介